沖幸子イメージ
旬の味覚
 

   カツオの美味しい季節になった。

   煮ても、焼いても、タタキでもその調理法はいろいろ。でも、やっ

  ぱり一番は、“カツオのたたき”。新鮮なカツオをサッと炭火であぶ

  って、酢じょうゆとショウガでいただく。この日本古来の食べ方で、

  日本人は、季節感あふれる旬の食材を心待ちにし、楽しんだのである。
  カツオに限らず日本近海で取れる旬の魚は多い。

   江戸時代の歌の中に、「楽しみは、子供たちがたまに食卓に出され

  る煮魚を美味しい、美味しいといって食べる姿を見ること」、があっ

  て、煮魚が当時の子供たちの何よりのご馳走だったことがわかる。

   さて、美味しいものが街にあふれる飽食の現代、いまの子供たちに

  とって煮魚は「美味しい、美味しい」と食べる料理だろうか。第二次

  大戦後、大人たちが「珍しい、珍しい」と輸入食材を食卓に並べてい

  るうちに、大人も子供も、日本の山海の大切な旬の味を忘れてしまっ

  ているのかもしれない。海に囲まれた日本ならではの美味しい魚の旬

  の味をも。

   昨年の水産白書によると、日本の食用魚介類自給率は‘98年以降50%

  落ち込んでいるという。これを60%に以上に高めるために、「日本

  近海でとれる魚を食べよう」と呼びかけているが、かなりの努力と知

  恵が要りそうである。 


   “カツオのたたき一皿”を日本人が月に一度食べれば、魚の自給率

  1ポイント上がるらしい。今夜のおかずは“カツオのたたき”と行き

  たいところだが、果たして。


   ちなみに、国産の旬の魚は、春はカツオ(鰹)、夏はするめイカ、

  秋はサンマ(秋刀魚)、そして冬はブリ(鰤)である。




OKI SACHIKO リビングインターナショナル 
〒151-0053 東京都渋谷区代々木       TEL 03-6715-7454  FAX 03-6715-7452